『抗菌・抗ウイルスコーティング D-REX』について

抗ウイルス・抗菌力 その驚きの効果とは?

人体の必須微量元素であり、粉ミルクにも添加 されている「銅イオン」が主成分。

より安全で安心な 抗菌・抗ウイルスコーティングを実現しました。

「銅イオン」を中心に「プラチナイオン」「酸化チタン(光触媒)」という、

異なる複数の「無機系抗菌剤」を組み合わせたマルチプレックスとして配合し、

より持続性のある、より強力な抗菌・抗ウイルス性能を実現しています。

銅イオンをプラチナイオンと酸化チタン(光触媒)がサポートし、より強力な抗菌・抗ウイルス性能を実現

ウイルスや菌を 持続的に分解・不活化します。

銅の力を活用した事例

-1円玉以外の全ての硬貨
-プールや水族館、風呂、噴水池などに僅かな銅イオンを加えて、殺菌・殺藻をする。
-下水処理場で最終沈澱池の側壁や越流トラフ周辺に銅板を使い、藻や蚊の発生や悪臭を防止する。
-船体や海中構築物に海中生物が付着しないよう、亜酸化銅を塗料として塗ったり、キュプロニッケル・洋白などの銅合金を使う。

 また、魚の生け簀に銅合金線を使用する。
-流し台のバスケットや三角コーナーに銅板を使用し、ぬめりや悪臭を抑え、また水質の保全を図る。
-ドアの取手や扉のノブ、階段の手すり、エレベーターなどに銅・黄銅などを使用し、衛生上の抗菌効果を利用する。
-足のむれ、防臭、水虫対策として銅を編み込んだ靴下、靴の中敷やタオルなどが製品化されています。

銅イオンとは?

金属元素の銅が、水中において電子を放出し、

液中に溶出したものです。

銅の抗菌性をより良く発揮するためには、

菌に触れる「表面積の大きさ」が重要です。

同じ量の銅でも、粒子が細かくなるほど、表面積が大きくなります。

 

本製品では、発酵の力で銅を一番小さな単位である

銅イオンの状態にまで細かくし安定して保つことで、

より効果的な抗菌・抗ウイルスを実現しました。

 

金属イオンは、物質の最小単位である原子と同じ非常に小さいサイズであり

(およそ100〜300ピコメートル)、

その小ささから、菌に容易に取り込まれやすくなります。

 

イオンはナノ粒子(数ナノメートル〜数百ナノメートル)よりも小さく、表面積が大きくなるため、

より効率的に抗菌作用を及ぼすことが可能となります。

発酵の力で作られたエコ抗菌溶液

本溶液に用いられている金属イオンは、微生物の力による「発酵」という手法を用いて作られています。

つまり、色々な種類の麹、酵母、乳酸菌などを用いて金属をイオン粒子にしているのです。

 

本製品に使われるイオン化テクノロジーは、

従来の方法(強酸による溶解、電気分解など)に比べ、

はるかに安全性が高く、イオン化・低分子化した状態が極めて安定的で、環境負荷も低い技術です。

*製法特許取得済み

 

国内の工場で製造しているため、品質に信頼

日本国内の工場にて厳重な品質管理のもと製造しております。

品質を維持するため保管も徹底管理。純国産へのこだわりが、高い効果を生み出しています。

今、注目を集める「銅」の殺菌効果

銅の高い殺菌力・消毒力は、さまざまなウイルスに効果を発揮しています。
例えば、 1996年に猛威を振るい外食産業に大打撃を与えたO-157 。一般財団法人東京顕微鏡 院が実施した実験では、銅板をO157の菌が培養されているシャーレ内に置いてみたところ、銅 板の周りでは繁殖せず、板の真下では発育すらしないことが判明しました。 また、一般社団法人北里環境科学センターの実験によれば、インフルエンザウイルスやノロウイ ルスは銅の表面だと不活化し、やがて死滅していくということです。 2008年には、米国環境保護庁(EPA)が、銅が「公的医療による抗菌性材料」として、金属材料としてはじめて認定されました。これを受けて、米国の医療施設では、ドアノブ、ベッドの手すり、点滴の支柱台、水道の蛇口などに、銅製品を導入する取り組みが加速しているようです。

●新型コロナウイルス(COVID-19)の不活化が確認されました

帝京大学ときょうと官民連携ネットワークとの産学連携受託研究において、帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科 松村 充 准教授により検証頂いた結果、D-REXを使用した試験片による、新型コロナウイルス(感染症名:COVID-19, ウイルス名:SARS-CoV-2)の不活化が確認されました。

インフルエンザと新型コロナ、
“ ツインデミック ”へのリスク対策はお済みですか?

●すぐれた防カビ性

クロカビに対して3.2、白癬菌に対して2.9という高い抗カビ活性値を示しています。

抗かび活性値とは?

2.0以上で効果があるとされており、3.0以上で高い効果

 

(参考)社団法人繊維評価技術協議会 (SEK) 抗かび加工繊維製品認証基準

FS(抗かび活性値) = (Fb-Fa)-(Fc-Fo) ≧2.0

Fa :標準布の試験かび接種直後の3 検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

Fb :標準布の42 時間培養後の3 検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

Fc :抗かび加工布の42時間培養後の3検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

Fo :抗かび加工布の試験かび接種直後の3検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

(注)試験成立条件: F(発育値)=Fb-Fa≧0.5

 

試料:イオン化銅液を練りこんだレーヨンワタ

●様々な素材にD-REX溶液を噴霧した際の各素材の

銅含有率(ICP質量分析法による)を第三者機関にて測定したところ、

下記の通り銅イオンが確かに定着していることが確認されました。

(一般の方にも分かりやすいように注釈をつけて記載しております。)

 

試験機関:一般財団法人カケンテストセンター

試験項目:銅(Cu)含有量(μg /g)

測定方法:誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)

前処理:マイクロウェーブ分解法(密閉容器内における加圧酸分解)

洗濯処理方法:JIS L 1930 C4H法 吊干し

 

(1)壁紙

噴霧無し                  10以下(検出下限以下)

噴霧した場合              94*

噴霧後3回水拭き       110*

*噴霧ムラおよび測定誤差によるものと考えられます。

 

(2)綿生地

噴霧無し                     10以下(検出下限以下)

噴霧した場合              160

噴霧後5回洗濯          60

 

(3)ポリエステル生地

噴霧無し                     10以下(検出下限以下)

噴霧した場合              85